| 開催概要 | プログラム | 参加登録について | Engineer Track |
QCon Tokyo 2016 <Business Technology Track>プログラム
※通訳や機材・会場の都合により、セッションの時間帯セッション内での講演の順番、内容等は予告なく変更になることがございますので予めご了承ください。


Time Business Technology Track(BTT) Engineer Track(ET)

9:45-9:55

開会のご挨拶 
荻原 紀男  株式会社豆蔵ホールディングス 代表取締役社長 

テーマ説明 
羽生田 栄一 株式会社豆蔵 取締役 CTO QConプログラム委員長 


Engineer Track に参加をご希望の方は 別途お申込みが必要となります。

QCon2016 Engineer Track についての詳細についてはこちら
http://qcontokyo.com/> にて
ご確認ください。

※参加には、別途参加費が必要となります。

9:55-10:45

基調講演1
エンジニアリングの物語り(ストーリーテリング)
~人に語るに値するカルチャー

Engineering Storytelling - Culture Worth Talking About

Pete Soderling 氏 
Hakka Labs


10:50-11:30

基調講演2
ポスト・ムーア法則時代のコンピューティング

佐藤一郎 氏
国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系 教授

11:35-12:15

基調講演3
日本の情報システムの未来革新に向けて
~日本の金融業界におけるテクノロジーの可能性と今後の情報システム部門の進むべき道

浦川 伸一 氏
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 取締役 常務執行役員
※資料非公開

12:15-12:20 QConスポンサー企業ご紹介

12:30-13:00

ランチセッション

なぜ、ユーザー部門への『提案』ができないのか
~AI/機械学習など先端技術は使いものになるのか~

安井 昌男
株式会社豆蔵 執行役員 IT戦略事業部長
※資料非公開

13:00-13:30

Break <展示&ライトニングトーク>

13:30-14:20

D-1
人工知能破壊をどう起こすか?
村上 和彰
株式会社豆蔵 最高科学技術顧問 国立大学法人九州大学 名誉教授

14:35-15:25

D-2

事例で学ぶ、ITとデータでビジネスをドライブする方法

田中 覚 氏
株式会社リノシス 執行役員(元 あきんどスシロー 情報システム部長)
※資料非公開

15:40-16:30

D-3
フィンテック時代の次世代R&Dと新サービス企画
東山 明生 氏
ニッセイ情報テクノロジー株式会社 次世代R&D室 上席スペシャリスト

16:30-17:00

Break <展示&ライトニングトーク>

17:00-17:50

D-4

デジタル化時代を迎えた日本企業のIT部門の進むべき道とは

寺嶋 一郎
株式会社豆蔵 技術顧問(元 積水化学工業 CIO)

18:05-18:55

D-5

人材マネジメントとIT(ヤフー人事部の取り組み)

本間 浩輔 氏

ヤフー株式会社 上級執行役員
※資料非公開

19:05-20:30

Beer Bash
全トラック合同 情報交流パーティ & 展示 & ライトニングトーク


TOP



■お問い合わせ先

QCon Tokyo 2016 運営事務局(株式会社ピーク・ワン内)
E-mail:qcon@peak-1.co.jp Tel:03-5577-3368